節足雑踏イケタライク

日々思った事や、書籍・映画・その他の感想なんかを呟きます。あまりマジメではございません。

第1回「#突発好きな物図鑑」まとめ ニ次元怪獣その他

「#突発好きな物図鑑」は俺が好きな物を1ツイートで紹介する企画であり、1人でTwitterで遊んでいる企画である。

 

前説とか無視して突然語り始めるオタクの悪い部分の煮凝りのような企画だが、それゆえに手軽なので遊ぶには丁度いい。

 

そんな企画が結構な数溜まってしまったので、改めて補足付きでまとめておく。1ツイートでその魅力を余す事なく!というのは、無理ですよ。今の俺には。将来的にできたら嬉しいけれども。

 

 

 

 

そんなわけで初めての図鑑。我ながら「突発好きな物図鑑」はどういう時に使うのか?というチュートリアルにふさわしい人選だ。

 

答えは唐突に「ブラックモア(SBR)」等について語りたくなった時です。「記事で書けよ」と思うかもしれないが、ブラックモアについて書くのは結構大変なんですよ?

 

まず「ジョジョ」について触れて、「第7部」について触れて、状況説明として「聖人の遺体」とか「スティール夫妻」とか「イケメン」に触れないといけないから。そこまでして「ブラックモア、格好良くて好きなんだ!」しても、「知ってる。ダ・ヴィンチ乙一が紹介してた」って言われるから。良さそうなのは大体もう誰かやってんだよな。アレだろ?イケメンにとどめ刺した時のコマと台詞の奴だろ?アレ、メインはイケメンだから!

 

でも変な細かい部分を無駄に丁寧にまとめるのも面白そうだな。やってみた記事がこちらです。まぁ、この形式はこの形式でまたやると思います。

 

zattomushi.hatenablog.com

 

 

彼を指してよく言われるのはその忠誠心ですね。大統領の護衛……でありながらも、5秒くらい「裏切っちゃおっかなー……」くらいの事を考えちゃう。で、そこで、「とある人物」に出会い……そこからの忠義っぷりが物凄い!

 

自分の生命など、もはやどうでも良い。例え死んだとしても、その後も任務を遂行し続ける。全ては大統領への忠義の為にッ!

 

……まぁ、本当に最後の方まで「大統領」への「忠義」で動いていたのかと言うと……若干怪しいのですが。主人公陣営との対決も短いながらにしっかりアツいんですよ。

 

「ジャイロ……姿は見えないが大熊座の方角だ」「雨の音が変わった」

 

「やれやれだぜ」

 

SBRで一番絵的に好きなシーンかもしれない。是非アニメで見たいですね。でもアニメで馬動かすのってすげー大変なのよね。6部で一つ大きな区切りではあるし、そっから下手に進んでもな。どーすんだろ。

 

その能力もすげーピンポイントで、しかし活かせる環境なら圧倒的なのが好き。よくウェザー(「天候操作(?)」のスタンド使い)と組んだら無敵とか言われるけれど、しかし……性格というか、信仰的にどちらかがどちらかの地雷踏みそうな気がする。あとウェザーは単体で充分強いし。切り札込みなら単独で動かした方が良いだろ。知らんけど。

 

 

 

パワポケのラスボス。大々々々企業グループの会長。極悪人。

 

の割には安いハンバーガー主人公に奢らせたりしていて憎めない。かと言って油断すると人がメロンパンになる。野球ゲームの登場人物か怪しい人物……というのは彼に限った話では無いけれど。

 

……ラスボスだから下手に語るとネタバレになる事多し。困った。

 

……本当に「この人ごっこ」がしたいか?と聞かれれば、だいぶ微妙。人生かなりのハードモードですからね。あとリプ欄で補足してるけど、宝くじ1回当たったくらいだと、全然足りない。

 

逆にそのくらいの「なんちゃって」の「ごっこ」感が、ちょうど良いかも、というのはある。ので、当たれ。もしくは、誰かくれ。

 

 

 

 

ガヴァドン

 

なにが「という事で」なんなのかと言えば、ウルトラマンのソシャゲ……ウルバト?俺はやってないのでよくわかんない……で、コイツの実装計画が持ち上がった事に由来。

 

なんか一時期やってた特番で放送された時、子供たちが結構悪く言われててね。僕はショックを受けました。落書きがまず悪く言われて(ゆーてもグラフィティアート的な奴じゃないよ?コンクリにチョークよ?)、実体化した怪獣を応援して悪く言われて、ウルトラマンに「帰れ」言って悪く言われて、落書きを強化して悪く言われて(この強化体が『Bタイプ』。可愛らしさ皆無。でも基本寝てるのは同じ)、最後みんなで落書きする下りでまた悪く言われんの。やーね。

 

いや、こっちも科特隊を悪くいう気は無いよ?「なんで子供たちの夢を壊すんだ!」とは言わんし、Bタイプはまぁ普通に「暴れる事を望まれた」いつもの怪獣だからそれを狙って生み出すのは悪い事なので、怒られてもしゃあない。

 

ただAタイプは完全に事故やし……応援までなら、まぁ……強化は流石に……ううん、駄目ですけどね?駄目なんですよ?でもねー……そんな厳しくは……俺は言えん。

 

経済的な影響や騒音が洒落にならん、と言うのも解る……解るが……毎週怪獣が出て街壊す番組でそこをガヴァドンだけ取り立てて問題にするのもフェアじゃないし……。

 

……悪質さ……込められた悪意だけで言えば……これもこの御時世、ややアレな発言にはなるけれども、「台風で学校が休みになるのを望む」延長のレベルだと思うんだよなぁ。その事態の深刻さが解れば反省するでしょ。馬鹿な子供がたまにやっちゃうのは、しゃあない。

 

解らない大人もたまに見かけるし。馬鹿な大人は駄目です。大人でこれをやったらノーチャンス。

 

 

 

 

調べてみたら「マジで火炎放射器を仕込んでた」最後の怪獣だって。「俺は生きる!」って叫んだ声優の正体が謎だって。不意に知るエピソードとしてはやや濃い目。良きかな。

 

まー、ここまで繁栄した種族であるところの人類が環境に及ぼす悪影響みたいな物は当然あって、それをどう改善していくのか、今までの犠牲に対してはどう償っていくのか、みたいなのは一つ大きなテーマとしてあって、そこを指摘したり、糾弾したりする作品やキャラクターは、色々あるし、色々いるんですが。

 

その中でも断トツで好きなんですよ。なにせ主張が簡潔だからね。

 

「俺は生きる!」

 

自身が犠牲者という自覚もなく、人類に対しての怒りもなく、ただこの姿での生存を望み、叫ぶ。そしてガイアに倒される!

 

銀色の眼のイザク、好きですねぇ。この系統ではギャラクトロンも好き。「焼きそばパーティーで盛り上がる人達」を見てブチギレる、食物連鎖のガチアンチ。

 

 

 

……5個消化か。キリもいいし、こんなところかな。まだまだあるので、俺の好きな物を、俺は好きな様に今後も語るでしょう!